国民健康保険コロナ減免

お得情報

昨年(令和2年度)実施された国民健康保険のコロナ減免が今年も実施されます。各市町村などによって細かい条件などは変わってきますが、概ね以下の条件となります。

① 主な生計維持者の事業収入等のいずれかのうち、令和3年1月から申請月までの間における、「連続する3か月間」の収入合計額を4倍した額(年間収入見込額)が、令和2年中の年間収入額と比較して(※2)30%以上減少している。(保険金(傷病手当金、休業手当)、損害賠償等により補填される金額※がある場合は、その分を令和3年中の年間収入見込額に加算します。※行政機関からの補助金を除く)

★令和2年中に新型コロナウイルス感染症の影響により失職・廃業し、令和3年1月以降も無収入の場合、無収入であった月は上記①にある「連続する3か月間」には含めませんので、あらかじめご了承ください。(お支払いが困難な場合は、お住いの区の区役所保険年金課に納付のご相談をしてください。)

② 主な生計維持者の令和2年中の合計所得金額(※3)が1,000万円以下である。

③ 主な生計維持者の令和2年中の「事業収入等以外の所得(例:雑所得、配当所得、長期譲渡所得等)」と「事業収入等のなかで減少率が30%に満たない収入にかかる所得」の合計額が400万円以下である。

上記は横浜市の物ですが、他の市町村もほぼ同じ内容の所が多いようです。
〇▲市国民健康保険コロナ減免と検索すると出てきます。
そのホームページから申請書などをダウンロードして記入、令和2年の源泉徴収や確定申告書、令和3年の給与明細所などを郵送します。


ここで問題となるのが令和2年度と比較して30%減という所です、ほとんどの業種が今年からでなく去年から影響を受けているので令和2年と比較すると対象にならない可能性があります。そう、去年から低空飛行となっている実態がわかっているのかという意見もネットでは上がっています。現に他の給付金などは令和2年または元年どちらかと比較できる物があるのです。

さらに横浜市の場合は納付済みの保険料は、減免の対象となりませんと明記してあり、去年であれば支払った分も後から還付されたのが、今年はダメなようです。理由として支払ったという事は支払い能力があるということ・・・だそうです。
今回の通知は国民健康保険の年間支払額決定通知と一緒に6月中旬に届いたもので、このコロナ減免の手続きは通常1ヶ月かかると記載されています。よって最初の6月末の支払いには適用しないと言っているようなものです。
なので支払いがキツイという方は最初の分は支払わずに保留する、口座引き落としの人は一時的に銀行などの口座を残高不足にしておいて様子を見るというのも有効かもしれません。

  減免の割合はコチラ👇

前年(令和2年)の合計所得金額 が
300万円以下であるとき 全額免除
400万円以下であるとき 80%免除
550万円以下であるとき 60%免除
750万円以下であるとき 40%免除
1000万円以下であるとき20%免除

ロバ
ロバ

添乗員は去年から低空飛行だけど
今年はもっと酷いから
対象になりそうだよ

タヌ
タヌ

喜んでいいのか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました