とにかく寒かった甲武信ヶ岳

たぬろばチャンネル

甲武信ヶ岳1泊2日ツアー

山梨県(甲斐)、埼玉県(武蔵)、長野県(信濃)の3県境にある甲武信ヶ岳への1泊ツアーです。山の名前も1文字づつ付けられています。

長野県川上村の毛木平からスタート、千曲川源流を通り甲武信ヶ岳の山頂を越え甲武信小屋に1泊してから翌日は山梨県側の西沢渓谷入口に下りるコースです。

前日が12月上旬並みの寒さで、山の上は雪が降ったようで心配です。

1日目 千曲川源流から甲武信ヶ岳

新宿から特急あずさを利用、小淵沢駅で小海線に乗り換えて信濃川上駅まで移動、そこからタクシーに乗り登山口の毛木平まで行きます。タクシー移動中に山の上が白くなっているのが見えました・・・

このコースは秋は夕暮れとの戦いになるので昼食休憩は取らず、行動食で歩いていきます。千曲川源流コースで沢沿いを歩きますが、2年前の台風で崩れた所もあり、沢から離れ高巻きで歩く所があります。それほどの急登はなく歩いていきますが、標高2000m近くから雪が多くなり、千曲川源流ではすっかり雪世界になっていました!

千曲川源流の碑

不調のお客さんがいたので本体は先に行ってもらい、添乗員が同行で後追いになりましたが、源流の時点で16:15。かなり寒くなってきているのと日暮れ間違いなしなので、ここで防寒具とヘッドライトの準備をしました。稜線に上がると寒くてうまくいかないので早めの準備です。

山頂では真っ暗、本体に遅れること70分くらいでなんとか小屋にたどり着きました、雪の上を通る風が吹くので、とにかく寒かったです。夕食はカレーライス、最近はカレーの出る山小屋は少なくなってきていますが、甲武信小屋はカレーです。食事をすると身体も温まります!

夕食のカレーライス

コロナ以降は山小屋は布団一人一枚必ずあるので快適です。コロナ前であれば秋の甲武信小屋は布団一枚に二人は当たり前でした・・・消灯20時で早めの就寝です。

2日目 甲武信小屋から西沢渓谷

4時に電気点灯、5時前からの朝食です。昨日は暗い中小屋に着いたため周辺の景色が見えませんでしたが、やはり雪がありました。

甲武信小屋

出発時はやはり寒いですが、天気は最高です!
まずは木賊山を越えていきますが、登る途中振り返ると甲武信ヶ岳が見えます、木賊山を越えるまでは雪がありましたが、下るルートは南斜面なので、少し下がるともう雪はなくなっていました。

甲武信ヶ岳

下る途中では富士山も見えてきます。天気の良い日曜日のためかすれ違いで登ってくる人も多かったです。朝の寒さが嘘のようで、標高を下げていくと温かくなっていきます。やはり太陽の力は偉大です。

富士山が見えました

とにかくずっと下りが続き下山は西沢渓谷の入り口です、林道まで下りるとハイキング客も多かったです。下山後はタクシーではやぶさ温泉に移動、入浴してから塩山駅に向かい、特急かいじで帰ります。

タヌ
タヌ

寒そ〜〜

ロバ
ロバ

いつもの年なら
この時期はまだ雪は
無いんだけどね〜

山小屋情報 甲武信小屋

甲武信ヶ岳と木賊山(とくさやま)の鞍部にある山小屋、標高は2360m。日帰りでも登れる山ではありますが、体力的に厳しくなるので宿泊する人も多いです。人気があるのが6月のシャクナゲの時期と紅葉の10月後半から11月上旬。コロナ以降は予約必須なのはどこの小屋も同じです。

1階が食堂と売店、受付、トイレ。2階が寝床。コロナ後は布団1人1枚あるが、以前は繁忙期は布団1枚で2人は当たり前だった。小屋の名物主人のとくさんは身体を壊してからもう何年も小屋にはいません、名物従業員のKさんも今は他の小屋で働いてるそうです。

★水場 
1リットル50円で、玄関外にある洗面台から自分で汲み、お金は料金箱に入れる。お湯は水筒1本100円、お茶は200円、小屋の人に声をかけてもらうが忙しいときはお湯だけの対応になる。

★電気
消灯が20時、点灯は朝食の30分前くらい。トイレには常夜灯があります。携帯電話などの充電は小屋の人に声をかける、1回100円。あまりたくさんのコンセントは無いのでモバイルバッテリーを持っていくのが無難。 ドコモとauは電波が入ります。

★食事
夕食はカレーライス、朝食はご飯・味噌汁・おかずの和食。食事の時はお茶が貰える。カレーライスは評判が良い、朝食はおかずが寂しい感じだが手作りの茶碗蒸しが出る。昼のお弁当はおにぎり2個とタクアン2切れで1000円、下山するなら午後になる前に下山できるので不要かも。縦走する場合は頼むのもありか。

★売店
甲武信ヶ岳バッチ、飲み物、お菓子類など。セルフ式で料金箱にお金を入れてお釣りもそこから自分で取るシステム。小屋で買ったゴミも全て持ち帰りなので、缶ビールなどたくさん飲むとたいへんなことに・・・日本酒やワインの紙コップ売りがあるのでそれだとゴミはあまり増えない。

★トイレ
小屋の中からも外からも入れます、男女同じ共用の場所であまり数は多くないです。トイレットペーパー有り。

★その他
乾燥室は無し、ストーブはあるのでそこで乾かす。談話室は無いが、入口のストーブがあるスペースと食後の食堂が談話スペースになる。一時1階に更衣室があったが、今は見当たりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました