気温マイナスの石鎚山と剣山

たぬろばチャンネル

石鎚山と剣山2泊3日ツアー

四国の百名山2座石鎚山と剣山の2泊3日ツアーです。1泊2日でも出ているツアーですが、1泊では登らない石鎚山の最高峰である天狗岳と鎖場を登るのが特徴です。剣山は山頂から次郎笈〜奥祖谷二重かずら橋まで縦走します。宿泊は両方とも山頂近くにある山小屋です。

1日目 石鎚山・天狗山へ

羽田空港から松山空港へJAL便で飛びます。驚いたのが先週までは無料だった預け荷物のビニールがけが有料になったようです。(ANAは11月から)

松山空港からは観光バスに乗り換え石鎚山のロープウェイ駅へ移動します。ロープウェイで標高約1300mまで上がってからのスタート、まずまずの天気の中歩いていきます。成就社までは登り、そこから一度下ってからの登り。この山は階段が多い山ですが、とにかく標高を上げていきます。本日は一の鎖を登り、二と三の鎖は翌日に回します。

石槌山ロープウェイ


途中から霧が出てきて景色はあまり見えなくなりましたが、山頂小屋のある弥山まで登ってから最高峰1982mの天狗岳の往復の時には霧が晴れてきました。天狗岳は岩場の山で緊張感のある登山となりますが、皆さん無事に小屋まで戻り宿泊です。

弥山からの天狗岳
石鎚山最高峰の天狗岳

小屋は山頂にあるため景色が良く、夕景や夜景、星が見えました。

2日目 石鎚山から剣山へ

凄い風の音で目覚めましたが、天気は良好で前日登った天狗岳がよく見えています。朝食後はニノ鎖元小屋まで下がって荷物を置いてから鎖にチャレンジです。

朝の景色

かなりの急勾配のニノ鎖と三ノ鎖を登り、再び山頂の小屋まで上がります。他のツアーではこの鎖場と天狗岳は登らないのですが、今回のツアーはこれが目的になっています。朝なので気温はマイナス2℃、鎖も岩も冷たかったですが無事に登り、再び弥山より下り始めます。

鎖場
前社森の紅葉

下山途中の前社森付近が紅葉が見頃でした、帰りもロープウェイを利用して下りバスと合流です。ここから剣山へ移動しますが、4時間+休憩時間の長い移動となります。

狭い国道438号を走り標高1400mの見ノ越までバスで上がります。そこからリフトを利用すると宿泊の剣山頂上ヒュッテまでは40分ほどの登山です。

リフト駅が紅葉見頃でした

ルートは楽々なのですが、けっこう強い風が吹き寒かったです。しかしラッキーなのは小屋に着いてからさらに風が強くなってきたので、その前に入れて良かったです。小屋の中はストーブやコタツもあり身体が暖まります。夕食には名物のアメゴの唐揚げや半田そうめんなどが出ました。

剣山頂上ヒュッテ
夕食

3日目 剣山から奥祖谷二重かずら橋へ

前日と同じく夜中に強い風が吹いていましたが、朝になっても変わらずでした。朝食後出発ですが、小屋から山頂までは5分強です。本日も気温はマイナス2℃、お客さんが一人不調だったので添乗員が連れて見ノ越に戻ります。

本体はそのまま次郎笈〜丸石〜二重かずら橋の縦走コースを歩きます、朝のうちは強風だけでなく霧も出ていましたが、天気は徐々に回復。見ノ越に下りた頃には山頂も見えていました。

剣山から次郎笈
とにかく寒い!

見ノ越にてバスと合流後はゴール地点となる奥祖谷二重かずら橋まで移動。到着してかずら橋に下っていくと、ちょうど本体がかずら橋を渡ってくるところでした。

奥祖谷二重かずら橋

ゴール後はホテルかずら橋で入浴、露天風呂に行くのにケーブルカーに乗るという変わった露天風呂のあるホテルです。入浴後は大歩危峡で休憩をしてから高松空港へ向かいます。

高松空港はコロナの影響でレストランは閉店中、1階と2階にうどん屋さんが2軒あるのはさすがです。

うどん食べて帰ります

タヌキ
タヌキ

体調わるい人がいると
添乗員が付き添って
下山するのね

ロバ
ロバ

そうだよ

一人で下ろすわけには
いかないからね

山小屋情報

石鎚神社頂上山荘

石鎚山の弥山(1974m)にある山小屋、神社の経営です。小屋の前からご来光や夕陽が見えるのでロケーションは最高です。日帰りで登る人が多いので宿泊者はそんなに多くないイメージです。

★食事
夕食はカレーライス、朝食はご飯・味噌汁・おかずの和食、お代わりも出来ます。神社の夕拝、朝拝後の食事となります。

★水
水の少ない小屋ですが、宿泊者は水・湯・茶は無料でもらえます

★寝床
食堂を抜けて2階にあり、男女一緒の大部屋です。コロナ後は自分で寝具を持ってくる必要があり、小屋にあるのは敷マットのみで枕もありません、寝袋必要です。

★電気
消灯が21時、点灯は朝食30分前くらいです。コンセントが部屋にあり、自由に使えます。ドコモとauの電波は入ります。

★売店
石鎚山バッチや飲物、アルコール類など売っていますが、小屋で買った物も含めてゴミは全て持ち帰りです、ビールの空き缶でも持ち帰りです。

★トイレ
宿泊者のみ使えるトイレが小屋の中にありますが、個室2つと男性小用が一つしかありません。建物外にも公衆トイレがありますがかなり古いです。

★その他
乾燥室は無し、ストーブとハンガーがあるのでそこで乾かす。談話室無し、食後の食堂などが談話スペース。

剣山頂上ヒュッテ

剣山の頂上まで5分くらいの位置にある山小屋、標高1935mにあり小屋前からご来光が見えます。登山口の見ノ越からはリフトを使わなくても往復3時間以下で歩けるため宿泊者は多くないが、ロケーションが良いのと小屋の食事が評判良いので、あえて泊まる人もいます。混雑時は別館の雲海荘もあります。

★食事
アメゴの唐揚げや半田そうめん、地元の物を使った食事で美味しいです。夕食朝食とも和食です
休憩で利用する人も多いので昼食メニューも充実しています。

★水
宿泊者は水・湯・茶は無料で貰えます。風呂もありますが石鹸類は使えません(コロナ対策で湯船に入れずお湯をかけるだけです)

★寝床
小部屋に男女別、グループ別で入ります。コロナ後は敷布団と枕のみで寝袋を自分で持ってくることになりますが、1000円プラスで掛け布団と毛布が借りられます。

★電気
24時間電気が使えます、21時以降は電気を消して静かにしましょうと案内があります。部屋にコンセントがあり使えます。ドコモとauは電波が入ります。

★売店
剣山バッチやTシャツなど充実しています、四国名物の飴湯や半田そうめんなどもあります。

★トイレ
建物の中にあります。休憩の人は山頂近くにある公衆トイレの利用です。

★その他
乾燥室あり、談話室は食堂利用となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました