丹沢縦走

たぬろばチャンネル

丹沢縦走1泊2日ツアー

丹沢を1泊2日で縦走するツアーです。JR中央線の藤野駅に集合してタクシーで東野へ、そこから初日は蛭ヶ岳山頂にある蛭ヶ岳山荘を目指します。山荘に宿泊して2日目は丹沢山・塔ノ岳・鍋割山と縦走して、みくるべ病院の先まで歩き、タクシーで渋沢駅まで移動して解散です。
丹沢の主要な山を縦走する歩きごたえのあるコースです。

参加者16名とガイド1名添乗員1名

★コース上のトイレは山小屋のある所で蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳・鍋割山の4ヶ所
飲み物が買える所も同じで、水場はありません。
スタート地点とゴール地点にもトイレは無しです。

1日目 東野から蛭ヶ岳山荘

JR中央線の藤野駅に集合、天気の良い土曜日のため小さな駅にたくさんの人がいました。陣場山方面に行く人が多いようです。

集合したらタクシーで東野へ、釜立林道のゲートの少し手前の標高480m地点まで30分ほどの移動です。しばらくは林道歩きで、途中から山道に入り稜線の八丁坂ノ頭までは樹林帯の急登を上がります。

釜立林道

稜線に上がったらアップダウンをしながらの登りで途中から目指す蛭ヶ岳も見えてきます。丹沢名物の木道階段を登りきると蛭ヶ岳、丹沢の最高峰であり神奈川県の最高峰でもあります。宿泊の蛭ヶ岳山荘は山頂にあるので景色も楽しめます。富士山は少ししか見えませんでしたが、箱根や伊豆の山、翌日向かう塔ノ岳などが見えます。

木道階段が多いです

蛭ヶ岳山頂

翌日歩くコースが見えます

順調に歩き14時半頃には山荘に着きました。夕方陽が沈む頃に山頂へ、山荘から山頂まで30秒です。

山頂からの夕景

2日目 蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜鍋割山

2日目は朝から曇り、期待した御来光は見えずスタートです。蛭ヶ岳から丹沢山、塔ノ岳、鍋割山へと縦走していきますが、朝は霜が下りていて木道が滑りやすかったです。

木道の上に霜がありました

アップダウンを繰り返しながら縦走していきますが、前日のコースと違い登山者とのすれ違いも多くなります。特に塔ノ岳、鍋割山は人が多かったです。鍋割山の鍋割山荘の鍋焼きうどんがSNSで人気になってるようで行列が出来ていました。

塔ノ岳と尊仏山荘
鍋割山荘

鍋割山からは下りになります。稜線は落葉していますが、標高805mの後沢乗越は紅葉が見頃でした。とにかく長い下りで二俣手前からは林道歩き、最後は舗装路歩きとなります。

後沢乗越周辺の紅葉

みくるべ病院の少し先の空き地でタクシーと合流、タクシーに乗った後に雨が降ってきてラッキーでした、雨具を使わずゴールです。小田急線の渋沢駅まで乗車して解散です

山小屋情報 蛭ヶ岳山荘

神奈川県最高峰(1673m)蛭ヶ岳山頂にあるロケーション最高の山小屋です。朝日、夕日が見られ、富士山も良く見えます。そんなに大きな小屋ではなく、今回は36人宿泊者がいてほぼ満員でした。

★部屋・・・布団は一人一枚あります、インナーシーツは必須ではありません。気になる人は持参です。

★水、湯・・・山頂の小屋なので水がありません500mlペットボトルの販売で500円、2リットルは1200円、お湯は水筒1本500円とおそらく日本最高値(ペットボトルの水を沸かしてるため)。歯磨きなども自分の水を使います。

★食事・・・夕食はカレーライス(蛭ヶ岳なのでひるカレーと呼ばれています)。ご飯とおかずはお代わり出来ますがカレールーは出来ません。
朝食はご飯と味噌汁とおかずで全てお代わりできます。

夕食17時半、朝食5時半が通常です。夕食は時間指定、朝食並んだ順です。
おかずはいずれもシンプルな物です

夕食
朝食

★電気・・・消灯20時、点灯は朝食の30分前くらい、コンセントは無料で使えます。トイレは消灯後も電気つきます

★その他・・・自炊室が乾燥室を兼ねます、食堂が談話室を兼ねます。
今回は個室を更衣室として開放していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました