熊野古道中辺路を歩く 前編

たぬろばチャンネル

熊野古道中辺路5日間ツアー

熊野古道の中辺路を歩く5日間のツアーです。羽田空港集合で伊丹空港へJAL便利用、伊丹からはバスでスタート地点の滝尻王子近くの熊野古道館へと移動し、途中4泊しながらゴールの熊野本宮大社まで歩きます。通常2泊3日くらいで歩くそうですが、のんびり案内人のお話を聞きながら歩いていきます。

参加者は9名+添乗員と現地の案内人で11名のツアーです。長丁場ですが荷物の宅配サービスなどを利用しながら身軽に歩けるのはツアーの利点です。

1日目 滝尻王子~高原

羽田空港から伊丹空港へのJAL便、土曜ということもあって満席近くで飛びました。伊丹空港からは観光バスに乗り換えてスタートの熊野古道館へ昼食休憩合わせて3時間半ほどの移動です。

熊野古道館で案内人と合流、滝尻王子が中辺路のスタート地点となります。

初日なので本日は休憩含めて4キロ弱、3時間弱の歩き、花粉症の人は苦しむような針葉樹林帯の中を歩いていきます。滝尻王子から急登が続き剣ノ山、展望台、針地蔵と抜けていきます。案内人がいろいろ解説をしてくれますが、9名くらいだと声も通りわかりやすいです。

初日の目的地は宿泊先である霧の郷たかはら、針葉樹林帯を抜けると舗装路に入り景色も開けてきて、梅の花も見られました。高原熊野神社で参拝したあとは10分ほどでゴールです。

宿泊先の霧の郷たかはらはオシャレな感じの民宿で、熊野の山々の景色がテラスや部屋の窓から見えます。食事も山菜や地の物を使った料理で好評でした。

こちらでゆっくりして翌日に備えます。

2日目 高原~近露王子

高原を出発してこの日は約11キロ、近露まで歩きます。宿泊地の高原を出発するとすぐに人家は無くなり杉林の中に入ります。花粉症の人にはやはりツライ道ですね。

大門王子、十丈王子を通り上多和茶屋跡までは登りが続きます。その後九十九折りの急な滑りやすい下りがあり、要注意ポイントです。転ぶ方もいましたが、特にケガなく通過して道の駅中辺路にて弁当タイム。

昼食後は中辺路の有名ポイント牛馬童子を見てそれから近露へ下っていきます。近露王子に寄ったあとは宿泊先の民宿ちかつゆへ。本日は8:30出発で15時前の到着となりました。

つるつるとした温泉と和食の料理の宿です。翌日は雨予報が出ていますがどうなるか・・・

3日目 近露王子~道湯川橋

雨予報でしたが、出発時には小雨で歩き出し30分でやみました。ラッキーでしたが花粉が飛散します・・・

本日はアスファルト道が多いコースで小広王子まで上りが多く、その後は下りが多くなります。朝方の雨で下りは滑りやすい所も多かったですが、慎重に歩いて行きます。

近露を出て継桜王子などを見学しながら、小広王子の先で弁当タイム。食後、わらじ峠→道湯川橋バス停までさらに歩いていきます。休憩含め5時間で約11キロの道のりでした。バス停からは路線バスに乗り宿泊の湯の峰温泉へ移動。14時10分の予定通りのバスに乗れましたが、もし間に合わないと次のバスは2時間後となります。

本日から湯の峯荘に2連泊、15時前の早めの到着で湯の花が浮く温泉で疲れを癒やします。こちらは旅館なので前日までとは違い大きめのお風呂と貸切風呂もありました。夕食は和会席のごちそうです。そして毎日のように案内人差から柑橘類の差し入れが来て皆さん喜んでいます。

ロバ
ロバ

3日目終わり
残す所あと2日
後編に続きます

タヌキ
タヌキ

まだまだ歩くのね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました