階段だらけの石鎚山と大山

たぬろばチャンネル

剣山・石鎚山・大山3日間ツアー

四国の剣山と石鎚山、鳥取県の大山、3つの山を3日間で登るツアーです。羽田集合でJAL便にて高松空港へ、初日に剣山に登り伊予西条のホテルに宿泊。2日目は石鎚山に登り、倉敷の郊外のホテルに宿泊。最終日は大山に登り岡山空港からANAで羽田に帰ります。

3日間天気は心配なさそうな予報です。参加者は10名、ガイドは現地合流です。

1日目 剣山

羽田空港から香川県の高松空港へJAL便で飛びます、最近はツアーの催行率が上がっているようで同便に四国お遍路のツアー、受付時は別便のしまなみ海道のツアーもいました。

高松空港でバスに乗り換え徳島県の剣山へ向かいます、1時間弱走り「道の駅貞光」で登山ガイドさんと合流して標高1400mの見ノ越まで観光バスで上がっていきます。通常90分以上かかるのですが、平日で、すれ違いが少ないせいか90分かからず到着しました。短めのランチタイムをとってからリフトで標高1750mの西島駅まで上がります。今回はリフト往復利用なのでゆっくり歩き、たっぷり休憩を取っても行動時間2時間ほどです。

リフトで15分ほど上がります
天気に恵まれました

初日は足慣らし的な感じでゆっくりガイドさんの解説を聞きながら登ります。山頂は1955m、本日は街は25度くらいまで最高気温が上がったようですが、山の上は10度〜15度くらいと爽やかな気候。剣山の頂上は笹が広がる大地になっていて見晴らしも良いです。

剣山頂上
笹が広がっています

ゆっくり下山、帰りもリフト利用で見ノ越まで下ります。バスと合流したら山道を下り、道の駅貞光で休憩を取ってから愛媛県の伊予西条のホテルへと向かいます。

ビジネスホテル宿泊なので夕食は自由夕食。馴染みのうどん屋に行こうと思ったら、本日は営業していませんでした・・・コロナ後は個人経営の食事処が平日は開いてないこともありますね。

2日目 石鎚山

2日目は愛媛県の石鎚山に向かいます、ロープウェイの始発に合わせてホテルを出発、1時間弱で石鎚山ロープウェイの山麓下谷駅へと向かいます。平日とは言え天気予報が良かったので個人客も結構来ていました。予定通りの8時40分の始発便に乗り8分ほどで標高1300mの山頂成就駅に着きます。ここからは参道を25分ほど登り成就社へ、ここでお弁当を受け取り、いよいよ登山道に入ります。

始発のロープウェイに乗ります
成就社からの石鎚山

登山道に入ると最初は標高100mほどの下りです、八丁まで下ってから登りになりますが、この石鎚山は木道階段の登りがとても多くて、急勾配の階段を登っていきます。途中の前社森の休憩所がコロナでずっと閉まっていましたが、今年から復活していました。さらに木道階段を登っていきますが、トサノミツバツツジがけっこう咲いていました。

復活した前社森休憩所
トサノミツバツツジ

途中に鎖がありますが、今回は通らないコースなので巻いていきます。ニノ鎖から先はお目当のアケボノツツジが出てきます。他にもイシヅチサクラも咲いていました。

アケボノツツジ
イシヅチサクラ

山頂までも階段が続きます、最後は鉄階段を登っていき到着します。今回は荷物運びのヘリコプターが頻繁に来ていて、あまり山頂でゆっくりできる感じではありませんでしたが、弁当を食べてから下山します。

山頂小屋からの天狗岳
5分ごとにヘリコプターが来ます

下山は同じ道を下り、ロープウェイ駅まで戻ります。バスと合流したら宿泊先の倉敷まで2時間半ほど移動します。瀬戸大橋を渡り、四国から岡山県の倉敷のホテルへ移動。ホテルで夕食と朝食、お風呂に入り翌日に備えます。

3日目 大山

最終日は鳥取県の大山(だいせん)です。倉敷から2時間強の移動で登山口へ、夏山登山道の往復コースですが標高差は900m以上あります。標高780mからスタート、ここも石鎚山に負けないくらいの階段の山です。

丸太階段が続きます
ダイセンミツバツツジ

とにかく丸太階段が続く登山道で樹林帯の中を登っていきます。6合目まで来ると木が低くなり展望も開けてきます、途中にはダイセンミツバツツジなどの花も咲いていました。

各合目の標識があります
標高100mごとに標識があります

8合目を過ぎると緩やかになり木道が現れます、山頂まではもう一息。山頂直下に避難小屋があるのですが、コロナの間に改修工事が行われキレイになっていました。小屋の中にはトイレと売店(スタッフがいれば)があり飲み物やバッチなど販売しています。本日は曇り空でしたが、眺望はまずまずで写真にはキレイに映らないですが日本海や中の海、宍道湖まで見えました。

山頂からの景色
最高峰の剣ヶ峰は道が崩壊のため入れません

大山の最高峰は1729mの剣ヶ峰ですが、現在行ける最高峰は1709mの弥山です。山頂にて弁当タイムのあと同じ道を下山します。少し雨がパラパラっと降ってきましたが、雨具を着けるまでもなくすぐに止みました。帰りも階段だらけですが、順調に下り大山寺参道にある日帰り入浴施設にてお風呂に入ってから2時間ほどバスで走り岡山空港へ向かいます。帰りはANA便で羽田へ帰りますが、羽田からの便が遅れたために岡山空港からの出発も遅れました。

移動距離が長く、2日連続階段の山だったので疲労したお客さんもいましたが、無事に3日間のツアーが終わりました。天気も雨具を使わず上出来でした。

タヌキ
タヌキ

階段ばっかりって
大変ね!
いったい何段あるの?

ロバ
ロバ

いちいち
数えてられないくらい
たくさんあるよ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました