シャクナゲの甲武信ヶ岳

たぬろばチャンネル

甲武信ヶ岳1泊2日ツアー

斐国(山梨県)、蔵国(埼玉県)、濃国(長野県)から1文字づつ名前を取った甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)の1泊2日のツアーです。文字通り三県境の山でさらに千曲川、荒川、笛吹川の源流がある山としても知られています。

今回は長野県の毛木平から千曲川源流を経て山頂へ、下りは山梨県の西沢渓谷に下ります。宿泊は甲武信小屋で参加者13名と登山ガイド、添乗員で15名です。

ちょうどシャクナゲの時期になりますが1週間前くらいまでは残雪もあったので咲いているかどうか・・・

タヌキ
タヌキ

甲武信ヶ岳って
去年2回行って
2回とも暗くなってから
山小屋に着いたツアーだ

ロバ
ロバ

そうなんだよね
今回は陽が長い時期だから

そこまではならないけどね

1日目 毛木平から甲武信ヶ岳へ

新宿より特急あずさで小淵沢駅へ、小海線に乗り換え信濃川上駅でさらにタクシーに乗り換え標高1470mの毛木平まで移動します。登山開始は12時少し前、秋のツアーだと夕暮れを考えないといけませんが、今の時期だと大丈夫です。

天気の良い土曜日のため毛木平にはたくさんのマイカーが駐車していて、さらに停まれなかった車が道路沿いに路上駐車していました。

駐車場は満車
毛木平からスタート

平地は30℃近くまで上がる予報でしたが、さすがに1500m近くあるので爽やかな気候でした。樹林帯を歩いていくと千曲川沿いに出て上流に向かって標高を上げていきます。

コミヤマカタバミ
バイカオオレン

春の花がいくつか咲いていましたが、シャクナゲの木はあるものの花は咲いていません、やはり北側斜面だからかシャクナゲのハズレ年なのか・・・そのまま歩いていくと千曲川の源流があります。ここからが本番の急登、30分ほど登ると稜線に出て、さらに30分歩くと甲武信ヶ岳の山頂です。

千曲川の源流の陽
シャクナゲの木はたくさんあるけど・・・

2475mの山頂からは富士山はもちろん、八ヶ岳や南アルプスの山々がキレイに見えました。景色をゆっくり堪能したあとは甲武信小屋まで向かいます。スタートしてから5時間半での到着でした。

甲武信ヶ岳の山頂
富士山も見えます

2日目 甲武信ヶ岳山荘から西沢渓谷

5時から朝食を食べ、5時45分集合でスタート。まずは30分弱で木賊山(とくさやま)に登ります。木賊山は樹林帯で景色が見えないのですが、山頂手前で木が無いザレ場があり、そこで振り返ると甲武信ヶ岳が見えます。

甲武信ヶ岳
少しだけ残雪がありました

木賊山からは戸渡尾根に入りひたすら下りです。標高2000mくらいからシャクナゲのトンネルがありますが、南側の斜面ということもあり期待通りアズマシャクナゲが咲いていました。

アズマシャクナゲ
けっこう咲いていました

徳ちゃん新道分岐あたりまでシャクナゲがたくさんあり、花を楽しみながらの下山です。標高を下げていくとシャクナゲは終わりになりますが、トウゴクミツバツツジやヤマツツジが咲いていました。天気の良い日曜日ということもあり、たくさんの人とすれ違いました。

トウゴクミツバツツジ
ヤマツツジ

西沢渓谷の入り口まで下山すると後は幅広い林道歩き、ねとり橋で弁当タイムを取り標高約1100mのゴール地点で迎えのタクシーに乗車、温泉入浴をしてから塩山駅に向かい、特急かいじで新宿に帰ります。この2日目の行動時間は約6時間でした。

山小屋情報 甲武信小屋

甲武信ヶ岳と木賊山(とくさやま)の鞍部にある山小屋、標高は2360m。日帰りでも登れる山ではありますが、体力的に厳しくなるので宿泊する人も多いです。人気があるのが6月のシャクナゲの時期と紅葉の10月後半から11月上旬。コロナ以降は予約必須なのはどこの小屋も同じです。

1階が食堂と売店、受付、トイレ。2階が寝床。コロナ後は布団1人1枚あるが、以前は繁忙期は布団1枚で2人は当たり前だった。小屋の名物主人のとくさんは身体を壊してからもう何年も小屋にはいません、名物従業員のKさんも今は他の小屋で働いてるそうです。

★水場 
水は1リットル50円だったのが100円になりました。玄関外にある洗面台から自分で汲み、お金は料金箱に入れる。お湯は水筒1本100円、お茶は200円、小屋の人に声をかけてもらうが忙しいときはお湯だけの対応になる。

★電気
消灯が20時、点灯は朝食の30分前くらい。トイレには常夜灯があります。携帯電話などの充電は小屋の人に声をかける、1回100円。あまりたくさんのコンセントは無いのでモバイルバッテリーを持っていくのが無難。 ドコモとauは電波が入ります。

★食事
夕食はカレーライス、朝食はご飯・味噌汁・おかずの和食。食事の時はお茶が貰える。カレーライスは評判が良い、朝食はおかずが寂しい感じだが手作りの茶碗蒸しが出る。昼のお弁当はおにぎり2個とタクアン2切れで1000円、下山するなら午後になる前に下山できるので不要かも。縦走する場合は頼むのもありか。

★売店
甲武信ヶ岳バッチ、飲み物、お菓子類など。セルフ式で料金箱にお金を入れてお釣りもそこから自分で取るシステム、今シーズンからPayPayにも対応。小屋で買ったゴミも全て持ち帰りなので、缶ビールなどたくさん飲むとたいへんなことに・・・日本酒やワインの紙コップ売りがあるのでそれだとゴミはあまり増えない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました