高尾山日帰りツアー3

たぬろばツアー
タヌ
タヌ

今回は高尾山グルメ特集!

ロバ
ロバ

ちょっと待って
その前に高尾山に来ていた
いろいろな人たちを紹介したい

タヌ
タヌ

う~
おあずけね

ロバ
ロバ

さすがに世界一の
登山者数だけあって
色々な人が来ていたよ

高尾山で出会った人々①

稲荷山コースでの登りでは時間が早かったこともありあまり人に会わなかったが、6号路の下りではたくさんの人とすれ違いました。 その中でも印象に残った人たちを紹介していきます。

本格的登山装備の人
高尾山では軽装登山の人が多い中でかなりしっかりとした装備で歩く人に会いました。そのまま陣馬山あたりまで縦走していくのかわかりませんが、きっとトレーニング山行なのかな。

学生集団
7名か8名組の学生グループと何組ともすれ違いました。男女比が均等で、おそらく同じ学校かサークルか何かだと思いますが引率者がいないのが気になりました。でも、密にならないようにグループに分けられているのは良かったです。 もしこれが全員一列で歩いてきたらたいへんでした。 2回目の山頂で彼らは全員集合していましたがかなり賑やかでした・・・

トレラン
正直トレランにあまり良いイメージは持っていませんでしたが、今回会った人たちは皆礼儀正しくて驚きました。 やはり高尾山だと人が多く登山者とのすれ違いに慣れているのか、それともトレランでもマナーなどが浸透してきたのか。

高尾山で出会った人々②

中高年女性グループ
だいたい3、4人グループが多く、学生にも負けないくらい賑やかで、山と関係ないお話の内容が聞きたくなくても聞こえてきます。 なぜかそのグループの中で1人くらい歩くのが弱い人がいるのも特徴です。

音楽グループ
最初は薬王院の催事か何かの音が聞こえてきたと思ったら、6号路の登山道から外れた谷間で楽器演奏をしていました。 姿は見えませんでしたが何故ここで?と思いました。 ユーチューバーなのかそれともスタジオを借りるお金が無かったのか・・・

山登りっぽくない親子
普通のお母さんと娘2人。 1号路で会ったのなら何とも思わなかったが、6号路だと違和感が凄い。そのまま遊園地や公園にいそうな親子でした。

あとがき

高尾山にはほんとうにいろいろな人がいました。 ここでは書ききれませんが人間ウォッチングしていても楽しめるくらいです。 次回こそは1号路下りとグルメ特集の予定です。

Twitterフォロー
ブログ村ランキングクリック
よろしければお願いします

お読みいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました