奄美諸島のんびりツアー2

たぬろばツアー

ナイトツアー

ナイトツアーの内容

奄美ナイトツアー

夜暗くなってから奄美大島の森の中に生息する貴重な動物を見に行くツアーです。アマミノクロウサギは島の中南部の森林に多く生息しています。(大和村、宇検村、住用町など)

たくさんの現地ツアー会社がありますが、会社によって行く場所が違います。また、宿泊場所への送迎をおこなっているツアー会社もあります。今回は臨時休業の会社も多く、選択肢も少なかったのですが、住用町のマングローブ茶屋のツアーに申し込みました。
コロナ禍でゴールデンウイーク明けでもあったため参加者は我々2人だけでした。
ここはメインはマングローブでのカヌーで、食事施設やお土産販売もしています。
詳しくはホームページを👇



夜行性の動物が多いので昼よりいろいろな動物が見られますが、やはり観光客の一番の目当てはアマミノクロウサギでしょう!他にもルリカケスなどの鳥類や珍しいカエルなども見られます。

ツアーは日没後暗くなってからスタート(時期によって時間は変わります)で所要2時間から3時間くらい。今回はツアー会社のバンに運転手兼ガイドと我々3人で乗り、森に入っていきました。ほとんど普通の車は通らないような道に入り、徐行しながら進んでいきます。

徐行を始めるとガイドさんが動物が見つけやすいようにスライド式のドアを開けたままでいいですよと。アジア、アフリカではよくあるが、日本ではなかなか見られないドア開けっ放し走行で進んでいきます。動物がいると車を止めてくれて観察。カエルや鳥、ヤギなどは出てきましたが、ウサギはなかなか出てこない。この日はツアー開始直前まで雨が降っていて、そういう時は出てこない可能性があるとのこと。

ツアー開始から約1時間、アマミノクロウサギが出てきてくれて、車を止めて撮影タイム。1羽だけでしたが見られて良かったです。心なしかガイドさんも安堵している様子。いろいろな動物達がでてくるとはいえ、やはりツアー参加者のお目当てはほぼ100%アマミノクロウサギ。
晴れてる日なら見られる可能性は100%に近いとの事。

ロバ
ロバ

ウサギ見られてよかったね

タヌ
タヌ

丸っこくって
可愛かったね

ロバ
ロバ

1時間くらい
見つけられなかったから
諦めかけていたよ

タヌ
タヌ

執念で見つけたわ!

運転注意です
巨大な豆がなるモダマという植物

これからのナイトツアーはどうなる?

奄美大島は世界自然遺産になることが決まりましたが、そうなるとこのナイトツアーにも影響が出てきそうです。具体的にはこれから決まっていきますが、人数制限をしたり許可を受けた車両しか入れなくなったりなど、いろいろ決まりごとができそうです。

現在の所、このナイトツアーで行く場所は個人の車やレンタカーで走ることも可能です。実際にこのツアー中も1台だけレンタカーが来ていました。ただし、個人でアマミノクロウサギを見つけるのは難しく、またウサギ以外の動物には興味ない人も多いので、どうしても運転速度が速くなり、他の動物たちに接触して悲しい結果になることも多いそうです。

今後はツアー以外では入れない可能性があるとガイドさんが言ってました。どうしてもツアーの方がコストはかかりますが、個人では知り得ない奄美のいろいろな動植物の説明をしてくれたりと、それだけの価値はあると思います。

タヌ
タヌ

ツアーじゃなかったら
ウサギさん
見つけられなかったかも

ロバ
ロバ

そうだね
天気悪いときは
特にそうかもね

タヌ
タヌ

今回もじゃらんの
遊び体験でクーポン
あったので
お得に予約できました

ロバ
ロバ

このご時世だからか
前日予約でも大丈夫だった!

あとがき

お読みいただきありがとうございます。今回奄美大島に来たのはこのアマミノクロウサギを見るためと言っても過言ではありません。沖縄北部でのヤンバルクイナ、西表島でのイリオモテヤマネコは実物が見られなかったので、今回は見られてとても良かったです。

次回は食べ物中心になる予定です
Twitterフォローやブログ村ランキングクリックいつもありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました