番外編 世界のトイレ事情1

旅行マンガ

便座のないトイレ

ある程度の先進国であれば
トイレに便座があるのは当たり前だが
旅行しているとその当たり前が
当たり前ではないトイレがある

東南アジア、南米、東ヨーロッパなど
けっこうあちこちで
このトイレを見るのである

その時に思うことは
どうやって用をたすかということ
まあ、ケース3に落ち着くのだが
それよりもその便座は
どこに行ってしまったのか?
この方が気になります

誰かが盗んで持って帰るのか
それとも皆がケース3を
便座の上でして壊れるのか・・・

これをその国の人に
聞いたこともあるのだが
答えはわからないとのこと

誰か知っていたら
教えてほしいものです

トイレットペーパー

国によってはトイレに
トイレットペーパーがないなんて
当たり前の所もある
そのおかげで旅行中は
常にペーパーを持つ癖がつく

まあ、最近は昔ほど
ペーパーが無いトイレも
減ってはきているのだが

中には有料トイレで
トイレ代を払うとペーパーを
くれるというのもあります
(量が少なく足りなくなることも)

有料なのにトイレが汚かったり
日本人からすると不快な感じで
間違ってもウォッシュレットなど
期待してはいけません

そういえば外国人が日本に来ると
公衆トイレで感動すると言います
その逆で日本人にとっては
海外のトイレは不自由なことが
多いのです

無料で使える公衆トイレが多いのも
日本の特徴な気がします



あとがき(タヌキが感じたこと)

日本で旅行していて
あまりトイレの
不便を感じることは無いが
海外で旅していると

★屋外で利用できるトイレが少ない
★トイレチップが必要
★ペーパーが無い
★安心して用をたせない
(汚い、鍵がかからない、
ドアが無いなど・・・)

いろいろあります

まだまだ書きたいことはあるので
トイレ編はその2に続きます
お楽しみに!

コメント

  1. 鈴木 誠 より:

    わが国は平和で 清潔ですね

タイトルとURLをコピーしました