第21話 象使いになる方法

21~30話

たぬろばツアーズ第21話

象使いになるには

象使いになるためには
まずラオスに行きましょう

近年では日本人はVISAが不要になり
LCCの普及により飛行機でも
行きやすくなったため
観光客が増えたラオス

素朴な東南アジアの国も
観光業が盛んになり
旅人の心をくすぐる物がでてきました

その一つが古都ルアンパバンでの
象使い免許取得ツアー
日本人大学生旅行者には人気で
「履歴書に載せるんだ」なんて
微笑ましい会話も聞こえてきます

ルアンパバンの街中に
何軒かある旅行会社でそのツアーに
申し込めます
日本人に人気のあるManifaTravelは
日本人スタッフがいて
説明書きも日本語

半日コースから1週間コースなんて
本格的なのもありますが
1日コースが一番人気で
値段は35米ドルまたは
それに相当するラオスキープ
(ラオスの通貨はキープだが
インフレがあるので
ホテル代やツアー代などは
米ドル表示が多い)
昼食と飲み物が付きます

車で郊外のエレファントキャンプに
移動して修行の開始です

象使いの修業とは

漫画を読んだ方はなんとなく
おわかりかもしれないが
これは修行と言う名の観光です

実際には1日象と遊ぶという感覚
先生もしっかり付いてサポートが
あるので怖がる必要は無し

川に入るので水着着用が良い
着替えのスペースもあります

象に乗ってる時の写真は
スタッフが撮ってくれます

他の国にあるような
ただ象に乗る観光よりも
楽しいことは間違いありません

全て終わると
トレーニングコースの
修了証がもらえます
象使いの免許とは違いますが
写真も入って本格的な物で
良い記念になるでしょう!

あとがき

第21話お読みいただき
ありがとうございます

旅行先で何か体験をするというのは
ただ観光するよりも楽しく
思い出にも残るのではないかと
思います
体験型の旅行はおススメです!

次回も別の動物に乗るお話に
なる予定です

Twitterフォロー
ブログ村ランキングクリック
いつもありがとうございます

感想、ご意見などありましたら
コメント欄や問い合わせページ
にてお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました