第6話 バンコクの乗り物

1~10話

たぬろばツアーズ第6話

バンコクのバス

バンコクの路線バスなどでは
車掌さんが丸い筒を持っていて
カシャカシャ鳴らしながら集金をするが
あれは他の国では見ない道具で個性的だ

最近ではバスもチャージカードタイプが
出来てきたようで
だんだんとその姿も
見られなくなるかもしれない

バンコクのバスは庶民の味方で低料金
その気になればドンムアン空港から
中心部まで8バーツ(28円)で
行くことも可能

★普通のバスは一律料金、
エアコンバスは距離制です

センセープ運河ボート


バンコクの渋滞は有名だが
ボートなら渋滞知らず

観光客に知られているのは
チャオプラヤー川のボートで
これを利用して
有名なワットアルンに
行くことができるが

漫画のはセンセープ運河のボート
距離制で10バーツ(35円)から

バンコク中心部の
スクンビット通りと
ペッブリー通りの間くらいを
東西に流れているので
行く場所によっては重宝する

観光客が利用するなら
カオサンロード
ジムトンプソンの家
プラトゥナーム
地下鉄ペッブリー駅あたり

★1バーツ=3.45円(2020年6月現在)

あとがき

第6話ご覧いただき
ありがとうございます

私が初めてバンコクに
行ったのが1995年

ドンムアン空港から
カオサンロードまでの
路線バス代が3.5バーツでした
当時のレートだと10円くらいで
こんな安い料金で
空港から町まで行けるのは凄い
と思ったのを今でも覚えています

次回はタイの島のお話の予定です
Twitterで進行状況などを
つぶやくこともあります
興味あればフォローお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました